京都きもの友禅
NEW
WONDER

二十歳、新しい世界へ

二十歳、新しい世界へ
未だ見ぬ世界へ飛び込む期待や高揚感、自分で選択することで広がる可能性と喜び混ざり合う豊かな感情を胸にわたしは今、大人への扉の前に立つ。
Image model : 浜辺 美波
img-circle.svg
シックな色味と金箔で大人っぽく、大胆な雲づくしの柄で存在感のある京友禅染めの伝統技法で染め上げた純古典振袖。瑞雲と呼ばれる吉祥文様は人生の門出にふさわしい華やかさを晒し出す。クラシックな雰囲気を崩さないよう、帯締め・半襟は黒でまとめて、すっきりと。
img-circle.svg
長寿、繁栄、風雅を表す松竹梅は、古くから伝わる日本の縁起柄。金駒刺繍・盛り金加工で華やかに仕上げた振袖の黒の地色に映えるよう、帯締め・帯揚げは赤色をアクセントとして使用。赤・金・黒の3色でまとめたクール&モードなスタイル。レースの重ね衿でトレンド感もアップ。
img-circle.svg
雪輪文様の中に、牡丹・あやめ・椿・梅などの四季折々の和の花が配置され、鮮やかな色彩を放つ一着。華やかな振袖に負けないよう、帯も大柄の入った色帯を使用。アシンメトリーな重ね衿・大ぶりな飾りがついた帯締め、椿にベロアのリボンがあしらわれた髪飾りでレトロモダンな雰囲気に。
img-circle.svg
茜色と白で配色した市松模様に、金彩・金駒刺繍という伝統的な技法で古来の吉祥柄を色彩豊かな配色で鮮やかに染め上げた振袖。水色の帯締め・黄色の帯揚げ・黄緑の重ね衿、と敢えて様々な色の小物を使用することでポップな印象に。大胆で華やかな存在感を出した着こなし。
img-circle.svg
img-circle.svg
桜・菊・のし疋田などの吉祥文様を丁寧に柄付けし伝統色で地色を染めた後、様々な絞り技法と金駒刺繍・金彩加工で仕上げた豪華絢爛な振袖。黒地の帯と重ね衿で、淡いピンクの振袖を引き立たせ、刺繍衿の赤い椿が華やかさを演出。高級感と可愛らしさを兼ね備えた一着。
2020年にハタチを迎えた
京都きもの友禅イメージモデル浜辺美波さんによる
スペシャルインタビュー