先輩紹介|これからは、あなたたちの時代です。

今から思えば新人だったころの私は、
物事を深く考えず、仕事を甘く考えていたところがありました。
およそ、同僚の模範となるような社員ではなかったと思います。

その甘い考えが変わったのは、3年目。
水戸店の店長に抜擢されてからですね。
当時水戸店は社員が定着せず、業績がすこぶる悪かった。
私はとにかく何とかしなくてはと思い、社員が定着するよう尽力しました。
特に注力した事は、販売スタッフと同じ目線で常に売場に立つ事です。
店長ががんばりもしないで、人にがんばれなんて言っちゃいけない。
その思いで、ふだんの接客も力を入れました。
すると社員がふえていき、業績も改善されていったんです。
京都きもの友禅は1年に1回、全社で優秀店舗や優秀な社員を表彰する
決起大会というイベントがあるのですが、
なんと水戸店は3回連続で最優秀店舗を受賞。
それがもう本当にうれしくてうれしくて。
気づけば、仕事のやりがいを誰よりも感じることができる社員に変わっていました。

それから大宮店、千葉店と店長を務めて、
複数店を管理するマネージャー、さらに上の営業部長へと昇格。
今年度より営業副本部長に就任し、
営業本部長と共に全営業部を監督することになりました。
まだ若輩者の私がこれほどの重責を担うことができたのは、京都きもの友禅だから。
この会社は年功序列ではなく、成果で社員を判断してくれます。
入社時と比べ私がここまでがんばれたのも、
もしかしたらそんな会社のおかげかもしれませんね。
当社はいま、積極的に世代交代を進めています。
20〜30代の若い店長・若い部長を、どんどん育てていくつもりです。
学生のみなさんに伝えたいのは、いまがチャンスだよ、ということ。
いっしょに、京都きもの友禅の新しい時代をつくっていきませんか。

  • きものには、興味がなかった。けど、日本的なものは大好きだった。
  • 選ばれたのは、お店じゃなく、私だった。
  • 6年越しの、約束。
  • 売上がすべて、なんて職場は、かなしい。
  • お店の数字を伸ばすことは、人を伸ばすことだ。
  • これからは、あなたたちの時代です。
pagetop