思い出の振袖をずっと大切に 振袖・長襦袢・帯のたたみ方

直線裁ちのきものは、コンパクトに四角に折りたたむことができます。
縫い目に沿って正しくたためば、かさばら ず、しわもほとんどつかないので、次に着るときにもきれいに着られます。振袖を広げてたたむ前に、まず床や畳をきれいに。
刺しゅうや金彩加工の振袖は、その部分に和紙を当ててたたみましょう。袋帯は手でかるくなでてしわを伸ばしながら、たたんでいきます。

写真

衿を左側にして振袖を広げ、下前(手前側)を脇縫い線で内側に折ります。

下前のおくみを、縫い目に沿って手前に折り返します。次に肩あき部分の衿を内側に折って、両角を三角形に内側に折ります。

上前の衿、おくみ、裾を下前に揃えて重ねます。

上前と下前の脇縫い線を揃えて重ねます。両袖も揃えて重ねます。

上前側の袖を、袖つけ線から身頃の上に折り返します。次に裾を持って、身頃を二つ折りにします。

肩山と身頃の下側を持って全体を裏に返し、下前側の袖を身頃の上に折り返します。

袖の身頃からはみ出した部分は、裏側に折り込んでたとう紙に収めます。

衿を左側にして広げ、上前が上になるようにして、脇縫い線で内側に折ります。

次に下前の脇縫い線が、身頃の中央になるように折ります。

下前側の袖を、袖口が折り目から1~2cm内側になるように折り返します。

上前も下前と同様にして内側に折り、上前側の袖を折り返します。

裾を持ち、二つ折りにして重ねます。

左側に衿が少し出ます。

模様のあるほうを表にして、長さを半分に折ります。金、銀の箔や豪華な刺しゅうの部分には和紙を当てて保護します。

さらに半分に折ります。折り目に筒状に巻いた和紙をはさんでおくと、折じわが防げます。

もう1本筒状の和紙を中央に置いて、たれ先が上になるようにさらに二つ折りにします。

前のページへ