伝統手法:手絞り刺繍

手絞り刺繍

布を糸でくくって染める独特の染めの技法が特徴で、糸をほどいた後には特有の立体的でボリュームのある鹿子模 様が表れます。ひとつ一つ糸でくくるため非常に手間と時間がかかり、そのため大変高価な技法でもあります。さらに、そこに刺繍を加えることで、 いっそう重量感と華やかさが増し、まさに伝統美の象徴ともいえる、日本が誇る美しい技法です。

手絞り刺繍の商品はこちら