色から見つける運命の一着!振袖の色が与える印象と、あなたに似合う色の見極め方

FURISODE

成人式や結婚式など、特別な場面に華を添えてくれる振袖。「想い出に残るものだから、自分に似合う色を選びたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。今回は、振袖の色が与える印象と、似合う振袖の色の選び方についてご紹介します。この記事を参考に、運命の1着を見つけてくださいね。

目次

1 振袖の定番色8つと、それぞれの色が与える印象

赤色の振袖

青色の振袖

ピンクの振袖

黄色・橙色の振袖

白色の振袖

緑色の振袖

紫色の振袖

茶・黒の振袖

2 振袖の色に迷ったら「パーソナルカラー」を参考にしてみよう!

スプリング(春)タイプ

サマー(夏)タイプ

オータム(秋)タイプ

ウィンター(冬)タイプ

3 振袖の柄によっても印象が変わる!振袖は試着をして選ぶのが正解

1 振袖の定番色8つと、それぞれの色が与える印象

まずは、振袖の8つの定番色が、周りに与える印象についてご紹介します。

振袖の定番色8つと、それぞれの色が与える印象

赤色の振袖

赤色は、振袖の定番中の定番色であり、長年親しまれている人気色。おめでたい場にふさわしい色で、「振袖と言えば赤色」というイメージを持つ人も多いでしょう。

赤色の振袖は、若々しく活発な印象を与えるため、成人式のような人生の門出にぴったりですね。

赤の振袖を探す

青色の振袖

水色なら爽やかで柔らかな印象に、紺色なら知的で上品な印象に、ターコイズなら元気な印象になど、同じ青色でも色合いによって印象が変わります。

くっきりしたレトロ柄、白のグラデーション、ゴージャスなゴールドなど、柄の違いを楽しむこともできるでしょう。

青い振袖を探す

ピンクの振袖

ピンクは、初々しさや可愛らしさ、女性の柔らかさを引き立ててくれる色。ピンクが好きな女性は多いですが、反対に「ピンクは苦手」「似合わない」と思っている人も見受けられます。

コーラルピンク、ローズピンク、マゼンタなど、さまざまなピンクがあるので、自分に似合うピンクを探してみましょう。

ピンクの振袖を探す

黄色・橙色の振袖

黄色も橙色も、明るく元気な印象を与える色。淡い黄色なら優しさを、からし色に近い黄色なら落ち着いた印象をプラスできます。また、橙色の振袖は存在感があり、成人式や卒業式などの主役にぴったり。

ただし、幼い印象になる可能性もあるため、柄や小物選びはしっかり行いましょう。

黄色・橙色の振袖を探す

白色の振袖

新しい未来の象徴であり、ピュアで清楚な印象を与える白は、成人式のような門出にぴったりな色。

白が柄の美しさを引き立ててくれるため、振袖の色ではなく柄にこだわりがある人は、白を選んでみましょう。

また、レフ版効果でメイクや顔色をキレイに見せてくれる効果が期待できます。

白の振袖を探す

緑色の振袖

清潔感があって、格調高い雰囲気をもつ緑色の振袖。若草色のような淡い緑色ならフレッシュで優しい印象に、織部のような深みのある濃い緑色ならきっちりした印象に、新橋色のような青みの緑なら爽やかな印象にもなります。

癒しの色でもある緑色を使った振袖は、近年オシャレな女性に人気が高まっています。

緑色の振袖を探す

紫色の振袖

日本では、昔から高貴な色とされてきた紫色。赤紫のようなピンクに近い紫から、紫根のような紺色がかった濃い紫まで、さまざまな紫があります。

紫色の振袖は、華やかさがありつつも、落ち着いた雰囲気に。上品で高級感のある和の雰囲気をまといたいなら、紫色の振袖がおすすめです。

日本人の肌色にマッチしやすいため、美しく着こなせるでしょう。

紫色の振袖を探す

茶・黒の振袖

黒は、女性を美しく見せてくれるといわれる色。高級感があってクールな印象を与えますが、大ぶりな柄を選んだり、ゴールドの小物をあわせたりすれば、華やかさを出すこともできます。また、茶は落ち着きや上品さがありながら、黒よりも優しい印象に。

茶や黒い振袖は、オシャレな人、周りとは違った着こなしをしたい人などに人気があります。

茶・黒の振袖を探す

2 振袖の色に迷ったら「パーソナルカラー」を参考にしてみよう!

パーソナルカラーとは、肌や髪、瞳、爪などの色から肌色を4つに分けたもので、肌タイプによって似合う色が変わります。

次の4つの中で、当てはまる項目が多いものがあなたの肌タイプです。

振袖の色に迷ったら「パーソナルカラー」を参考にしてみよう!

スプリング(春)タイプ

・明るいブラウンの瞳
・透き通ったようなキラキラした印象の瞳をしている
・サーモンピンク系の唇
・コーラルピンクの口紅が似合う
・地毛の色は、黄みがかった少し明るめのブラウン
・シルバーよりもゴールドが似合う
・すっぴんで黒い服を着るとしっくりこない
・明るく澄んだ色の服が似合う

サマー(夏)タイプ

・柔らかい黒もしくはダークブラウンの瞳
・白目と黒目のコントラストが柔らかく、黒目の周りがぼんやりしている
・青みがかったピンク系の唇
・パステルピンクの口紅が似合う
・地毛は柔らかい黒
・ゴールドよりもシルバーの方が似合う
・すっぴんで黒い服を着ると、顔色が悪く見える
・淡いパステルや、爽やかで涼しげな色の服が似合う

オータム(秋)タイプ

・黒に近いダークブラウンや緑みのある黒い瞳
・黒目の周りがぼんやりしている
・オレンジ系の唇
・オレンジみの口紅が似合う
・地毛は黒くつやがある
・シルバーよりもゴールドが似合う
・比較的、すっぴんでも黒い服が似合う
・こっくりした深い色合いの服が似合う

ウィンター(冬)タイプ

・真っ黒もしくは暗いダークブラウンの瞳
・白目と黒目のコントラストがはっきりしている
・ローズ系の唇
・ローズピンクのような青みの口紅が似合う
・地毛は深いダークブラウン
・ゴールドよりもシルバーが似合う
・すっぴんでも黒い服がよく似合う
・無彩色や印象の強い色が似合う

3 振袖の柄によっても印象が変わる!振袖は試着をして選ぶのが正解

一口に「青」といっても黄みよりのものから赤みよりのものまでさまざまな「青」があります。黄みがかった明るい色が似あうスプリングタイプの人なら、「黄みよりの青」を選ぶなど、自分の肌色にマッチする色合いを探してみましょう。

また、同じ色でも伝統的な柄があしらわれたクラシックなものや、お花畑のように華やかでキュートなもの、大柄が印象的でクールなもの、カラフルではっきりした柄があしらわれたレトロなものなど、柄によっても振袖の印象が変わります。

運命の1着を見つけるためには、店舗へ足を運んでいろいろな振袖を試着してみてください。

来店予約はこちらから

振袖の柄によっても印象が変わる!振袖は試着をして選ぶのが正解

成人式や卒業式、謝恩会や結婚式、振袖は、人生の節目に華を添えてくれる日本ならではの衣装です。自分に似合う振袖を着用して、ステキな笑顔でたくさんの想い出や写真を残しましょう。

どんな色の振袖を選んだらいいのか迷ったら、パーソナルカラーを参考にしてみてください。また、振袖の色や柄、あわせる小物で印象を変えることもできるため、振袖をどんなふうに着こなしたいのかもイメージしてみましょう。

店舗へ足を運び、スタッフに相談しながら試着をしてみるのも楽しいですよ!

監修鈴木 則子

1938年 東京出身。1956年、山野高等美容学校に入学。
卒業後、山野愛子室フタバ美容室で修行。20歳で独立し、トミー美容室を開業。
卓越技術者「現代の名工」
全日本美容講師会着付最高師範

この記事をシェアする

facebook
Twitter
LINE

色から見つける運命の一着!振袖の色が与える印象と、あなたに似合う色の見極め方|成人式の振袖レンタル・購入なら京都きもの友禅

来店予約 カタログ請求 イベント情報
完全予約制で安心 店舗の感染予防対策について
CLOSE